HOME
menu
HOME 出水の海苔について 出水の海苔が出来るまで 海苔商品について 「海苔のこたに」について
「海苔のこたに」について

こたにの名称は、故古賀重美さんと、現在「こたに」代表の谷口俊朗の名前から「こたに」と名づけられました。
古賀さんは、「海苔は海と太陽、そして愛情が育てる」が持論で、自然処理にこだわった海苔生産を行ってきた人です。
谷口は、スーパーで部長として勤務しておりましたが、仕事上の取引から古賀さんと出会い、良い海苔を生産し、消費者に喜んで貰うという共通の目的から意気投合し、数年を掛けて親交を深めていきました。
残念ながら、古賀さんは2008年に急逝されましたが、その意志は引き継がれて、自然でおいしい海苔は生産されてますので、その美味しい出水の海苔を広く世間へ紹介し、皆さんにお届けするために設立されたのが「こたに」です。
 
写真手前が海苔摘みを行っている谷口です。
   海苔のこたにのFacebook
 谷口はスーパーに勤務する前、十数年間を魚の養殖に携わってました。
「良い海産物を作るには、海の環境を守ることが大切」との経験から
自然を大事にする出水の海苔作りに共感し、参画することになりました。
 
 
「海苔のこたに」の商品を紹介して頂いた本


作り手の顔がわかる、確かな商品だけを選んでいる
別冊天然生活 オーガニック手帳で商品紹介して頂きました。
 


 出水の無酸処理の海苔と海苔のこたについて
「旬がまるごと」マザーフードマガジンで記事になりました。

 
マガジンハウス社様
BRUTUS No.722号
日本一の手土産グランプリで
取り上げて頂きました。


Copyright(C) 2009-2015 KOTANI All Rights Reserved