HOMEへ
menu
HOME 出水の海苔について 出水の海苔が出来るまで 海苔商品について 「海苔のこたに」について
出水の海苔について
出水は日本で一番南の海苔生産地になります。出水で海苔の養殖が開始されたのは明治時代からです。
 出水の海苔養殖場
海苔は、海水の栄養分と太陽光によって成長します。植物が土の栄養分と太陽光による光合成で成長するのと同じです。
しかし、海は広大なので農業のように肥料を与えることは出来ません。ですから河川等によって海に運ばれてくる栄養分が必要となってきます。
養殖が行われる出水の浜は、背後の広葉樹林の山から伏流水があり、また遠浅の海で干出(太陽光にさらすこと)に適してます。
また、生産者は手間を惜しまず、愛情を持って海苔を育てています。
この海苔の生育に適した環境と、生産者の愛情が出水の海苔の美味しさの源です。

また昨今の海苔養殖では一般的になった酸処理を出水の漁場では行ってません。
酸処理することで、海苔の病気の病原体の細菌や、他の藻類の繁殖を抑えたりする効果があり、生産者の手間が省かれ、生産効率は上がります。一方、酸が海を汚染したり、海苔の風味が損なわれるといった弊害があると言われています。
出水では自分達の海を汚すものは使わない、また自然に近い環境で育てることにこだわっています。

出水の海苔の生産力は約1千500万枚で、全国100億枚の生産量からすると0.15%のシェアでしかありません。
ですから、殆どの方が食べたことが無いと思いますが、味の良さは定評がありますので、是非出水の海苔を味わってみてください。
 

出水市へは毎年冬になるとツルが越冬のために北方から渡ってきます。
出水市荒崎地方は「特別天然記念物鹿児島県のツルおよびその渡来地」として指定を受けています。
ツル観察センターから間近でツルの生態を見ることが出来ますの、九州新幹線で便利になった、出水へぜひお越しください。
出水市のHPです。→ http://www.city.izumi.kagoshima.jp/
出水上空を飛ぶツルの群れ     


Copyright(C) 2009-2010 KOTANI All Rights Reserved